romanee conti tasting in japan


NYのワインショップでは1本2万ドル(約190万)で販売されているロマネコンティの1978年産が先日、幕張メッセで開催されたITエキシビジョンで展示されました。
写真 1978a.JPG
もちろんLEDなのでワインへの負担はなく、温度調整されたケースに入れてあります。

ロマネコンティはAOSテクノロジーズ社 http://aossms.com/ SMSの自動応答のデモンストレーションとして展示されました。
ロマネコンティ1978と打つとすぐこのワインについての情報が送られてきます。
またワインについているシリアルナンバーを打つとワインの来歴、信憑性等に対しても応答、そしてワイン会への申込などにも使えます。
ローマ時代から存在が確認されているロマネコンティと最先端のテクノロジーの融合です、


写真 1978.JPG


Baccarat: DÉGUSTATION GLASS ROMANEE CONTI 1100173
ロマネコンティのためにデザインされたクリスタルのグラス







トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: romanee conti tasting in japan

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blogs.alphaomega.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/392

コメントする

渡辺順子氏プロフィール


渡辺順子氏プロフィール
ニューヨーク移住。フランスでのワイン留学後、2001 年より世界最大オークションハウス、ニューヨーク・クリスティーズでアジア人初のワインスペシャリストとして活躍。2009 年に退社し、ワイン・コンサルタントとして独立。ワイン投資のアドバイザー及びセラーを管理するセラーマネジメントを行う。欧米のコレクターやワイン商と取引し、アジア諸国に向けて事業展開中。


渡辺順子 著書
『日本のロマネ・コンティはなぜ「まずい」のか』
幻冬舎ルネッサンス新書


雑誌 美ストーリー 5月号掲載
ワインやアムール・・・ 『フランス人は更年期知らず』って本当?


雑誌 Sevenhills セブンヒルズ 5月号掲載
From New York ~世界の街の“今”を現地からお届けします。
コラム「渡辺順子のワインに乾杯!」 Vol.10

ウェブページ